JACKHAMMER MUSIC JAPAN

NARCOTIC GREED BIOGRAPHY

《ナークティック・グリード》 は最初は 《P・I・G》 というバンド名で、ギター&ボーカルに『ワージー』(元インツェスト、現ヘイト・ビヨンド)、ベースに『マーチン』 (スナッグル・トゥース)、ドラムに 『金山』 というメンバーで1989年未明にスタート。最初はセッション・バンドであったが、同年9月頃、 『ワージー』 が 《インツェスト》 を脱退したのをきっかけに正式に活動をする。
同年12月、曲に攻撃性とスピードを備えるため、ドラマーを 『K・K・HOLY』 に交代。
1990年3月、ベーシストが脱退。バンド名を 《ナークティック・グリード》 に改名し、ボーカリストとベーシストのオーディションを始め、同年10月、ベーシストに 『ASH』 を迎える。

1991年4月、最初の音源 "ABSURD WAR" (4曲入りデモ・テープ)を録音、翌5月に発売。それは鋭いギターのリフと破壊力のある楽曲、流行に流されない独創性を持っていたため、全世界に向けて約500本ほど流通しました。

1992年2月、ハイトーン・ボーカリスト 『ダン』 (元スナッグル・トゥース)が加入し4人編成となり、当初から予定していた形で精力的に活動する。
 同年6月から約2ヶ月に渡ってレコーディングされたセカンド・デモ "CRISIS OF RUIN" (9曲入りフルレンス・デモ・テープ)が8月に発売。初期から徹底的に貫いていた複雑なリムズ隊と独創的で洗練されたギターリフが絡み合い、そこにハイトーン・ボーカルが乗ると言う、彼らにしかできなかった新しい試みが世に放たれた。

《NARCOTIC GREED》 started as its prototype band 《P.I.G》 with 『WARZY』 (ex-INZEST) on guitar and vocal, 『MARTIN (SNAGGLE TOOTH)』 on bass and 『KANAYAMA』 on drums in 1989.
 At first it was just a session band but 『WARZY』's withdrawal from 《INZEST》 changed it into a positive and creative one in September of this year.
In December, the present drummer 『K.K.HOLY』 replaced the first one adding its speed to aggressiveness.
After the secession of the bassist in March 1990,
it was re-named 《NARCOTIC GREED》 and started auditions for a new bassist and vocalist.
In October of this year, 『ASH』 became its second bassist formally.

The 1st demo tape "ABSURD WAR" was recorded by that line-up in April and released in May 1991.
It was jammed with sharp guitar riffs with originality and destructive power, which produced far more excitement than other imitation bands.
About 500 copies have sold over the world so far.

The vocalist of high-tone-voice 『DAN』 (ex-SNAGGLE TOOTH) joined in February 1992 to make a four-player formation and complete its aggressive power sound.
Their ability is obviously shown by the scale of audience they draw at their concert.
And the second demo tape "CRISIS OF RUIN" was recorded spending two months from June of this year, to surpass all other tapes over the world.
The storm of unique and sophisticated riffs, DAN's high-tone-voice and well-arranged rhythm is a new type of sound, perfectly original sound which can be experienced only in NARCOTIC GREED.


L to R : DAN, K.K.HOLY (up), ASH (down), WARZY

 1993年7月、リズム隊が脱退。後任のベースに 『スワン』 (八本足) 、ドラムに『ハンター』 (元スナッグル・トゥース)が加わる。
 1994年1月にニューメンバーでの音源を2曲録音、のちにその1曲 "FUTURE KILL" が 「LARD comp vol,1 - TO LARD... YOU WILL DECAY」 に収録される。
 その後、入念なリハーサルとライヴを繰り返し、同年5月にファースト・アルバム "フェイタル" (8曲入りCD) をリリース。その後もライブを繰り返すが、年末のツアー(東京・名古屋・大阪・徳島・高松・福岡)を最後に再びリズム隊が脱退する。

 後任にベースの 『リキ』 (サディスティック・アイズ) 、ドラムの『クレーター』 (サディスティック・アイズ) が加入、そして活動休止する。

In July 1993, bassist and drummer leave the band. But they invited 2 members 『SWAN』 (Happonashi) on bass and 『HUNTER』 (ex-SNAGGLE TOOTH) on drums as soon.
In January 1994, they recorded 2 songs by the new members. Later the 1 song is on the comp-CD 「LARD comp vol,1 - TO LARD... YOU WILL DECAY」
After that, they repeated the elaborate rehearsal and a lot of concerts, and released their first album 「FATAL」 (8 songs CD) in the same year in May.
They've done repeated the concert since that,however finished the end-of-year tour (Tokyo, Nagoya, Osaka, Tokushima, Takamatsu and Fukuoka), bassist and drummer wants to leave the band for their life.

Their successor are 『RIKI』 (SADISTIC EYES) on bass and 『CRATER』 (SADISTIC EYES) on drums, but the band activities stop for a while.


L to R : HUNTER, DAN (up), WARZY (sit), SWAN

 2000年7月、日本のワールドケイオス・プロダクションからアルバムの話をいただき、新しいアルバムの製作意欲を取り戻す。まず始めにラウドネスのカヴァーバンドで知り合った 『ボンバー』 (元ルテイシア、現ヘイト・ビヨンド) がベースで加入。以前の活動停止状態の最大の原因「良いドラマー探し」に難航するも、朋友の 《レイジング・フューリー》 に在籍していたドラマー 『ジャスティス』 に助けを請い、いくつかのライヴを経て、年末から翌年1月にかけて、名古屋の "スタジオ・ゼン" (岡崎氏プロデュース) で録音。
 2001年3月にセカンド・アルバム "トワイセット・オヴ・フェイト(運命のふたひねり)" (10曲入りCD) をとしてリリースされた。
 アルバムのプロモーションで、札幌、東京、名古屋、大阪とライヴを展開。そして正式なドラマー探しの為、再び活動休止する。

In July 2000, 『WARZY』 got the story of the deal from Japanese labels "WORLDCHAOS PRODUCTION", he regained the production willingness of the new album then.
at first, he invited new bassist 『BOMBER』 (ex-LUTEYSIA, Now-HATE BEYOND) through a played at tribute band of "LOUDNESS" .
The biggest reason of activities stop was "does not have any good drummer" , they beg to "JUSTICE" who is played drum in 《RAGING FURY》 and through playing many concerts after that,they started to recording for a new album at "STUDiO ZEN" in NAGOYA-city (produced by Mr,OKAZAKI) over January of 2001 from the end of 2000.
In March 2001, the second album was released as a 「TWICET OF FATE」 (10 songs CD) by WORLDCHAOS PRODUCTION. Played some concerts for the promotion of the album in Sapporo, Tokyo, Nagoya and Osaka then.
we could do activities again when Dan come back, or find a good singer than him.


L to R : WARZY, DAN, BOMBER, JUSTICE